お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2019.3.13
    大阪府内の住宅の解体工事で生じた産業廃棄物の処分を無許可の業者に委託したとして、解体業者の男ら2人が逮捕された。産廃の保管場所では大阪府が150回も立ち入り検査を行っていた。取り調べに対し、2人は容疑を認めている。警察は、ほかの業者からも産廃の処理を請け負った疑いがあるとみて捜査している。-大阪府泉南市
  • 2019.3.5
    熊本市は4日、中央区九品寺の空き家1棟に倒壊のおそれがあるとして、「空き家対策特別措置法」に基づく略式代執行での強制撤去を始めた。解体される空き家は2003年に所有者の女性が亡くなり、親族らも相続せず、放置されていた。同法に基づく空き家の撤去は県内で初めて。所有者のいない略式代執行となるため、撤去費用の172万円は市の負担となる。-熊本県熊本市
  • 2019.2.28
    山梨県甲府市は倒壊のおそれがある9件の空き家「特定空き家」に認定することとし、所有者に撤去などを求める方針を決めた。甲府市の「特定空き家」の数は33件となる見通しで、所有者が特定できない場合は市の負担で建物を強制的に撤去する略式代執行を行う。-山梨県甲府市
  • 2019.2.22
    滋賀県大津市内の土地に土砂を不法投棄したとして、京都市の建設会社が市から刑事告発されていたことがわかった。大津市の条例では、一定の広さを超える土地に土砂を搬入する場合は、市の許可が必要となるが、許可を得ていなかった。この業者は6年前にも大津市内で土砂を不法投棄し、罰金の略式命令を受けている。警察は刑事告発を受理していて、捜査を進める方針。 -滋賀県大津市
  • 2019.2.20
    滋賀県高島市は20日、空き家対策推進特別措置法に基づく略式代執行で、倒壊の恐れがある同市安曇川町北船木の所有者がいない家屋の解体を始めた。高島市によると同法に基づく代執行は2例目で、滋賀県内では4例目。所有者は11年に死去しており、高島市は17年に「特定空き家」に認定し、代執行での解体に向けて準備を進めていた。解体費用の約168万円は市と国が分担する。-滋賀県高島市
  • 2019.2.18
    滋賀県野洲市野洲の老朽化した空き家マンションが崩壊する危険性が高まっていてる。壁は崩れ落ちてがれきが散乱したり、鉄骨に吹き付けられたアスベストが露出して危険な状態。野洲市は、行政代執行も視野に、空き家対策特別措置法に基づき「特定空き家」に認定したが、代執行での取り壊しとなれば、時間と莫大な費用がかかり、市が対応に苦慮している。-滋賀県野洲市
  • 2019.2.17
    16日午後10時45分頃、香川県観音寺市の伊吹島で、空き家など13棟を焼く火事があった。約7時間後の17日朝に火を消し止めた。この火事で焼けた13棟のうち12棟が空き家で、けが人などはいなかった。警察と消防は火事の原因を調べている。-香川県観音寺市