お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2018.3.19
    三重県菰野町で、長年放置されてきた空き家の倉庫の解体作業が始まった。菰野町は所有者の男性に対し「空き家対策特別措置法」に基づく指導を行ったが、従わなかったため行政代執行による解体作業に踏み切った。工事費用の約50万円は所有者の男性に請求される。‐三重県三重郡
  • 2018.3.16
    浜松市は15日、空き家対策特別措置法に基づく略式代執行で、倒壊の危険性がある空き家1棟の一部を解体する作業に着手した。同法に基づく行政代執行は県内で初めて。費用は約58万円。‐静岡県浜松市
  • 2018.3.9
    鳥取県米子市は9日、空き家対策特別措置法に基づく略式代執行で、市道側に倒壊する恐れがある同市の木造平屋建て物置の解体撤去工事を始めた。米子市内で代執行が行われるのは初めて。工事費約の193万円は市が負担することとなる。-鳥取県米子市
  • 2018.3.2
    1日午後7時ごろ、盛岡市中央通3丁目のビル解体工事現場の足場が倒壊した。崩れた足場は4車線を塞ぎ、一時、全面通行止めとなった。発生時、盛岡市には強風注意報が発表されており、県警は強風で倒壊した可能性が高いとみて調べている。‐岩手県盛岡市
  • 2018.3.1
    先月28日、茨城県境町で木造平屋建ての空き家と倉庫1棟が全焼した。先月24日にも同じ境町の空き家で火事が起きているほか、先月27日に、となりの坂東氏でも空き家で不審火が発生している。警察は、連続放火事件の可能性もあるとみて詳しい状況を調べている‐茨城県猿島郡
  • 2018.2.26
    神戸市で、倒壊の恐れがある空き家を行政が「略式代執行」で撤去する作業が始まった。即別措置法による代執行は全国の政令市で初めて。市によると、撤去費用は約160万円。所有者がいないため、市が全額負担する。-兵庫県神戸市
  • 2018.2.22
    21日午後11時すぎ、福岡市西区で空き家を全焼する火事があった。火はおよそ2時間半後に消し止められたが、警察は不審火とみて調べている。-福岡県福岡市