お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2018.7.23
    21日夜に発生した青森県むつ市の空き家を全焼する火災で、警察や消防は22日、現場で実況見分を行った。また20日夜も近くの資材置き場で火災が発生している。むつ署は、昨年3月に現場付近で発生した空き家火災も含め、一連の火災との関連や出火原因を調べている。‐青森県むつ市
  • 2018.7.09
    熊本市は市内に2万戸以上あるとみられる空き家の実態調査を進めている。現地調査は市の委託を受けた業者が空き家の敷地外から目視で確認する。調査は10月末までに終える予定で、A〜Eの5段階で評価し、対策計画の資料とする。‐熊本県熊本市
  • 2018.7.04
    柏崎市は倒壊の恐れがある空き家に対して、行政代執行による解体を3日から始めた。解体が始まったのは元旅館だった建物で23年前に廃業し、所有者は5年前に亡くなっている。撤去費用6,300万円は建物の持ち主不在の為、国や市の負担となる。‐新潟県柏崎市
  • 2018.7.03
    輪島市は2日、築74年で倒壊する恐れがある同市小田屋町の特定空き家を、石川県初の行政代執行で解体を始めた。市は所有者に対し、勧告や命令をしたが、期限までに改善が見られなかったため代執行を決めた。約200万円の費用を所有者に全額請求する。‐石川県輪島市
  • 2018.6.26
    北海道池田町で産業廃棄物のプラスチックなど5トンを不法投棄した疑いで、帯広市の会社役員の男ら2人を逮捕。2人は去年12月、自分の会社が所有する土地に、解体現場から受け入れた廃プラスチックなどの産業廃棄物およそ5トンを捨てた疑いがもたれている。警察の調べに対し2人は容疑を認めている。‐北海道中川郡
  • 2018.6.21
    愛媛県四国中央市は6月21日、「空き家対策特別措置法」に基づき、倒壊の恐れのある空き家1棟の撤去作業を始めた。同法による強制撤去の代執行は県内では初めて。撤去費用の48万円は市が全額負担する。‐愛媛県四国中央市