お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2019.3.20
    富山市は19日、「空き家対策特別措置法」に基づく略式代執行で、富山市水橋西天神町の所有者不明の空き家の解体、撤去作業を始めた。空き家は木造平屋の物置で、近隣住民から台風の影響で倒れかかっていると富山市に通報があり、調査で所有者の死亡を確認した。法定相続人も相続を放棄していたため、代執行に踏み切った。解体費用の約100万円は市が負担する。-富山県富山市
  • 2019.3.17
    16日、北九州市小倉北区の住宅街で空き家1棟を全焼する火事があった。火はおよそ1時間半後に消し止められ、けが人はいなかった。全焼した住宅は10年前から空き家で、所有者の男性によると鍵はかかっていたという。警察は不審火の可能性もあるとみて出火原因などを調べている。‐福岡県北九州市
  • 2019.3.16
    多久市は、一部が空き家となっている木造の長屋を対象に、空き家部分の撤去費用を補助する制度を新年度に設ける。全てが空き住戸である場合を除き「空き家対策特別措置法」では対応が難しい長屋の自主撤去を促し、地域住民の安全確保を目指す。空き家に隣接する壁などの補修工事も対象とし、80万円を上限に費用の5分の4を助成する。-佐賀県多久市
  • 2019.3.13
    大阪府内の住宅の解体工事で生じた産業廃棄物の処分を無許可の業者に委託したとして、解体業者の男ら2人が逮捕された。産廃の保管場所では大阪府が150回も立ち入り検査を行っていた。取り調べに対し、2人は容疑を認めている。警察は、ほかの業者からも産廃の処理を請け負った疑いがあるとみて捜査している。-大阪府泉南市
  • 2019.3.5
    熊本市は4日、中央区九品寺の空き家1棟に倒壊のおそれがあるとして、「空き家対策特別措置法」に基づく略式代執行での強制撤去を始めた。解体される空き家は2003年に所有者の女性が亡くなり、親族らも相続せず、放置されていた。同法に基づく空き家の撤去は県内で初めて。所有者のいない略式代執行となるため、撤去費用の172万円は市の負担となる。-熊本県熊本市
  • 2019.2.28
    山梨県甲府市は倒壊のおそれがある9件の空き家「特定空き家」に認定することとし、所有者に撤去などを求める方針を決めた。甲府市の「特定空き家」の数は33件となる見通しで、所有者が特定できない場合は市の負担で建物を強制的に撤去する略式代執行を行う。-山梨県甲府市
  • 2019.2.22
    滋賀県大津市内の土地に土砂を不法投棄したとして、京都市の建設会社が市から刑事告発されていたことがわかった。大津市の条例では、一定の広さを超える土地に土砂を搬入する場合は、市の許可が必要となるが、許可を得ていなかった。この業者は6年前にも大津市内で土砂を不法投棄し、罰金の略式命令を受けている。警察は刑事告発を受理していて、捜査を進める方針。 -滋賀県大津市