お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2019.1.22
    総務省は22日、地方自治体への空き家対策に関する調査結果をまとめた。2015年に全面施行された「空き家対策特別措置法」に基づき、自治体が倒壊の恐れがあるなどの危険な空き家を強制撤去した際の費用を、所有者から全額回収できたのは約1割に止まっている。所有者が不明だったり、相続放棄がされたりして求償が困難なケースが8割に上る。
  • 2019.1.16
    去年7月から8月末にかけて、館林市の市道に石膏ボードなどを不法投棄したとして、群馬県は15日、栃木市に住む解体業の男を廃棄物処理違反の疑いで逮捕した。捨てられた廃棄物は栃木県小山市内にあるビルの内装解体工事をした際に出たものだという。男は調べに対し容疑を認めている。‐栃木県館林市
  • 2019.1.10
    岡山市は10日、老朽化で倒壊の危険性が高まっていた同市東区豊田の空き家を「空き家対策特別措置法」の略式代執行による解体作業を始めた。同法に基づく空き家撤去は県内で初めて。約300万円の費用は、所有者を特定できないため市が負担し、国の補助金を一部活用する。-岡山県岡山市
  • 2018.12.11
    仙台市は10日、倒壊する危険があるとして、東京都在住の男性が所有する太白区内の空き家を「空き家対策特別措置法」に基づく行政代執行として解体作業を始めた。同法に基づく行政代執行は宮城県内で初めて。解体は来年1月15日までを予定し、費用はおよそ510万円。終了後、全額男性に請求する。‐宮城県仙台市
  • 2018.12.03
    3日午前9時45分ごろ、名古屋市瑞穂区の「パロマ瑞穂テニスコート」のクラブハウスを解体作業中、作業員6人が体調不良を訴え、病院に搬送された。当時、現場ではアスベストの除去作業が行われ、密閉された部屋で発電機を使って作業をしていたということで充分な換気がされておらず、排気ガスで一酸化炭素中毒になった可能性もあるとして、消防や警察が詳しく調べている。-愛知県名古屋市
  • 2018.11.28
    甲府市中心部にある所有者不在の木造2階建て店舗兼住宅の空き家について、市は29日から空き家対策特別措置法に基づき「略式代執行」で解体・撤去を始める。費用は約250万円で、市が負担する。同法に基づく空き家撤去は山梨県内で初めて。-山梨県甲府市