解体工事で失敗しないための解体業者選びの情報サイト

解体工事で失敗しないための基礎知識

0120-987-455 受付:年中無休9:00-19:00

無料解体業者ご紹介ご相談フォーム

無料かんたん資料請求

無料ご相談・お見積り無料電話相談

解体工事で失敗しないための基礎知識

解体工事で失敗しないための基礎知識

メディア掲載情報 
スーパーJチャンネル報道2001ビートたけしのTVタックル読売新聞朝日新聞

トピックス

一覧を見る

  • 2022.11.04
    立山町は、所有者が死亡し空き家になっている1棟について、倒壊の危険性があるとして、「略式代執行」で解体撤去作業を始めた。立山町によると、取り壊しが始まったのは、立山町江崎にある築49年の木造平屋建ての空き家1棟で、所有者が2年前に死亡し、少なくとも4年前から空き家になっていた。法定相続人らも相続を放棄しているという。すでに屋根が崩落するなど倒壊の危険性が高まっていることから「略式代執行」による取り壊しを決めた。今回の撤去にかかる費用247万5千円のうち5分の2を国が負担、5分の3を町が負担し、作業は11月中に終える予定。-富山県中新川郡
  • 2022.11.3
    湯沢市は地域の住民が所有者に代わって倒壊した空き家を撤去する場合、費用の半分を補助する制度を新たに設け、2日、この制度の第1号となる撤去作業が行われた。この制度は、湯沢市が倒壊した空き家の撤去を促そうと先月、設けたもので、所有者の同意を得て町内会など地域の住民が撤去に乗り出す場合、費用の半分が補助される。この空き家は10年ほど前から空き家で、ことし1月、雪の重みで倒壊し、木材などが隣の家の敷地にはみ出したり、通学路にもなっている道路に飛んだりしていたということで、周辺の住民2人が地域の安全を確保しようと新たな制度を活用して撤去に踏み切った。湯沢市内には、空き家が倒壊し放置されたままになっているのが先月末時点で20件余りあるという。-秋田県湯沢市
  • 2022.10.22
    10月18日、大分県佐伯市で空き家1棟が全焼した火事で警察は自首してきた72歳の男を放火の疑いで逮捕した。容疑者は10月18日の午前5時過ぎ、79歳の男性が所有する大分県佐伯市戸穴の木造瓦ぶき平屋建ての空き家に放火した疑いが持たれている。警察は現場付近に火の気がないことから不審火の可能性も視野に捜査を進めていたが今月21日午前8時ごろ、容疑者が自首してきたため非現住建造物等放火の疑いで逮捕した。警察によると容疑者は徒歩で全国を転々としていて犯行当日は全焼した空き家に寝泊りしていたという。警察は犯行の動機などを調べている。-大分県佐伯市
  • 2022.10.19
    平塚市の男性(54)が所有する小田原市国府津の空き家に侵入し、現金2千円と10万円の記念硬貨1枚を盗んだ、として、神奈川県警茅ケ崎署などは19日、邸宅侵入と窃盗の疑いで、住所不定無職の男(58)=別の邸宅侵入罪などで公判中=を追送検した。署によると、「生活するためにやった」などと容疑を認めている。男は「東京や神奈川、埼玉で70件ぐらい空き家に入った」とも供述し、署が裏付け捜査を進める。-神奈川県小田原市
  • 2022.10.12
    鳥取県琴浦町は11日、崩壊の危険がある空き家の店舗兼住宅について、空き家対策特別措置法に基づく略式代執行で、解体撤去作業を始めた。町内では2例目。町によると、空き家は1981年築で、木造2階建て延べ約220平方メートル。10数年前に所有者が死亡してから空き家となり、放置されていた。2017年にこの建物を倒壊の危険性がある“特定空き家”に認定。相続人もすべて死亡か相続を放棄したことなどから、略式代執行での解体に踏み切った。撤去費用は約900万円で、4割が国と県の補助金、6割は町の負担となる。-鳥取県東伯郡