お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2018.1.25
    台東区は24日、空き家対策特別措置法に基づき、同区橋場の所有者不明の空き家の解体を始めた。解体費用の約150万円は、所有者が見つからなければ区の負担となる。-東京都台東区
  • 2018.1.16
    ひたちなか市は15日、同市湊泉町の空き家に倒壊の恐れがあるとして、略式代執行に着手し、強制的に解体工事を始めた。空き家対策特別措置法に基づく略式代執行は県内2例目。解体費の約286万円は全額、市の負担となり費用回収などを検討していく。‐茨城県ひたちなか市
  • 2018.1.15
    15日午前11時10分頃、大阪市北区中津の阪急中津駅の高架下にある解体中の建物から煙が上がっているのを、通りがかった消防隊員が見つけ市消防局に連絡した。建物の壁約3平方メートルが焼けたが、けが人はなかった。-大阪府大阪市
  • 2018.1.11
    10日、愛知県豊橋市で解体工事会社の経営者の男ら4人が、廃棄物処理法違反の疑いで逮捕された。容疑者らは去年9月までの1年間に、23回に分けてあわせて128トンの産業廃棄物を畑などに投棄した疑いが持たれている。‐愛知県豊橋市
  • 2018.01.04
    茨城県水戸市で、空き家が全焼する火事があった。3日午後3時すぎ、水戸市松が丘で空き家が炎上し、火はおよそ3時間後に消しとめられた。現場周辺では、2017年10月、空き家が燃える不審火が2件相次いでいて、警察は出火原因を調べている。-茨城県水戸市
  • 2017.12.27
    JR苫小牧駅前の大型商業施設の解体工事中にアスベストが飛散する恐れがあったにも関わらず、適切な処置をしなかったとして、27日工事業者が住民説明会を開き謝罪をした。‐北海道苫小牧市
  • 2017.12.14
    福岡市南区の住宅の解体現場で、旧日本軍の砲弾が見つかり、周りへの立ち入り規制して回収作業が行われた。見つかったのは旧日本軍の砲弾で、発射された形跡はなく、爆発の危険性はなかった。無事に回収され、自衛隊が処理する。-福岡県福岡市