お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2018.11.28
    甲府市中心部にある所有者不在の木造2階建て店舗兼住宅の空き家について、市は29日から空き家対策特別措置法に基づき「略式代執行」で解体・撤去を始める。費用は約250万円で、市が負担する。同法に基づく空き家撤去は山梨県内で初めて。-山梨県甲府市
  • 2018.11.13
    12日、名古屋市中川区のビル解体工事現場で、倒れていた男性作業員が意識不明の重体となっている。警察によると、午前11時頃、中川区八田町のビル解体工事現場の1階廃材置き場に作業員の男性が倒れているのが見つかった。当時、現場には10人程の作業員がいて、ごみを片付ける作業をしていた。警察は、作業事故とみて男性の身元の確認と倒れていた経緯を調べている。-愛知県名古屋市
  • 2018.11.12
    12日未明、埼玉県志木市内で月極駐車場に止めてあった乗用車と空き家が燃える火災が発生した。けが人はいなかった。いずれも火の気がない場所で、2件の現場は道路を挟んで約10メートルと近いことなどから、朝霞署は連続放火の疑いがあるとみて関連を調べている。‐埼玉県志木市
  • 2018.10.23
    2017年8月、岐阜県瑞浪市の中央自動車道で起きた土砂崩れで、道路脇斜面上に産業廃棄物を埋めるなどしたとして、廃棄物処理法違反の罪に問われた陶磁器原料メーカーの会長らの初公判が22日に開かれた。被告らは起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、先代の父親が代表だった1977年ごろから違法な投棄を繰り返していたと主張した。-岐阜県瑞浪市
  • 2018.10.19
    双葉署は18日、放射性物質汚染対処特措法違反の疑いで、原発事故に伴い全町避難となっている同町の家屋解体を担当した会社員3名を書類送検した。送検容疑は、解体で出た木材や廃プラスチック、コンクリート片などを重機で埋め、不法に投棄した疑い。いずれも容疑を認めているという。-福島県双葉町
  • 2018.10.15
    宮城県栗原市は15日、建設課の職員7人が使用済みのシンナー約100リットルを市有地に不法投棄していたと明らかにした。市によると、シンナーは市道に白線を引く機械の洗浄に使ったもの。9月27日、職員7人が市内の資材置き場に穴を掘って流しこむなどした。宮城県は廃棄物処理法に基づき市を指導。市はシンナーが浸透した土砂約17トンを撤去した。現時点で近隣の土壌や水質への影響は確認されていないとしている。-宮城県栗原市