お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

解体サポートは新聞や報道番組など各メディアに紹介されています。朝日新聞に掲載されました。フジテレビ系列「新報道2001」で紹介されました。NHK総合テレビ「あさイチ」で紹介されました。

解体をお考えの約9割の方が初めての経験で不安をお持ちのようです。

安心して解体業者にお任せして、無事に工事終了出来るまで後悔をしない為のポイントを分かりやすくご紹介します。

  • 2018.10.3
    香川県は空き家の再生・利活用の促進を図るため、複数の事業者から構成される「空き家利活用サポートチーム」を創設した。異なる分野の事業者が連携することで、空き家の所有者等からの相談に包括的な対応・支援が可能になる。登録されたチームは、「香川県空き家ポータルサイト」で順次公開される。−香川県高松市
  • 2018.10.4
    琉球銀行は3日、那覇市久茂地の本店ビルについて、現在の場所で建て替える方針を発表した。2021年9月から解体を始め、2023年12月に営業開始を予定している。新ビルには連結子会社も入居する方向で検討している。-沖縄県那覇市
  • 2018.10.10
    安来市は10日、所有者がいない同市荒島町の木造2階建ての空き家1件について、「空き家対策特別措置法」に基づき、略式代執行で解体、撤去する。同法に基づく略式代執行は県内で初めて。浜田市も26日、所有者不在の同市長浜町にある木造2階建ての空き家を1件を略式代執行で解体する予定。-島根県安来市・浜田市
  • 2018.10.11
    豊洲市場開場にともない閉場した築地市場で11日、解体に向けた作業が始まった。都は周辺の渋滞を防ぐため、1カ月以内に築地と豊洲をつなぐ環状2号線の暫定道路を開通させる見通しで、解体工事を急ぐとしている。2020年2月までに155棟の建物の解体を予定している。-東京都中央区
  • 2018.10.11
    千葉市は10日、空き家対策特別措置法に基づく略式代執行で、同市中央区鵜の森町の空き家の解体・撤去を始めた。同法に基づく空き家の撤去は市内では初めてで、昨年から同法に基づいて連絡が取れる相続人に指導や勧告をしたが、改善されなかった。解体費は市が負担しており、今後相続人に請求する。-千葉県千葉市
  • 2018.10.15
    宮城県栗原市は15日、建設課の職員7人が使用済みのシンナー約100リットルを市有地に不法投棄していたと明らかにした。市によると、シンナーは市道に白線を引く機械の洗浄に使ったもの。9月27日、職員7人が市内の資材置き場に穴を掘って流しこむなどした。宮城県は廃棄物処理法に基づき市を指導。市はシンナーが浸透した土砂約17トンを撤去した。現時点で近隣の土壌や水質への影響は確認されていないとしている。-宮城県栗原市
  • 2018.10.19
    双葉署は18日、放射性物質汚染対処特措法違反の疑いで、原発事故に伴い全町避難となっている同町の家屋解体を担当した会社員3名を書類送検した。送検容疑は、解体で出た木材や廃プラスチック、コンクリート片などを重機で埋め、不法に投棄した疑い。いずれも容疑を認めているという。-福島県双葉町
  • 2018.10.23
    2017年8月、岐阜県瑞浪市の中央自動車道で起きた土砂崩れで、道路脇斜面上に産業廃棄物を埋めるなどしたとして、廃棄物処理法違反の罪に問われた陶磁器原料メーカーの会長らの初公判が22日に開かれた。被告らは起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、先代の父親が代表だった1977年ごろから違法な投棄を繰り返していたと主張した。-岐阜県瑞浪市