お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

HOME > よくあるトラブル

よくあるトラブル

1.口頭での概算見積りに注意

現場調査の際に施主さんと解体業者さんとのやりとりで、
「これで大体、いくら位になるのでしょうか?」
「そうですね、ざっと○○円くらいですかね」
などがよくあります。
このときの金額を鵜呑みにして、そのまま契約してしまうのは危険です。

しかし、家財処分品の量や植木、庭石などの撤去などが解体費用に含まれていない場合もあるので、一概に解体業者さんを責めるわけにもいきません。

気持ちよくお願いするためにも、現場調査の後にしっかりした見積りを提出してもらい、工事範囲を明確にしておく事が大切です。

また、現場調査の際は出来るだけ立会いをして、解体業者さんと一緒に確認しながら進めることで、より正確な見積り金額を知ることができます。

火災現場解体も業者はしっかり選びましょう

次へ→