お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

HOME > こんなときどうする - 神仏の魂抜き、お祓いについて -

こんなときどうする

4.神仏の魂抜き、お祓いについて

神棚、仏壇、井戸がある場合は、「魂抜き」、「お祓い(※お払い)」をしてもらうのが通例です。

また、建物の解体前に行う祭儀もあります。今まで住んだ家に感謝し、解体工事を無事に終える事ができるように安全を祈願します。

大きい神棚の場合は神主さんに出張していただき、お祓い・引き取りをお願いします。小さい神棚の場合は、白いきれいな布で包み、神社に持っていけば引き取って貰えるでしょう。

費用は決まった金額はありませんが、大きい物(出張費込み)で4〜5万円前後、小さい物の神社への持ち込みは5千円〜3万円程度を「御礼」や「寸志」と書いた上でお渡しすればいいでしょう。

また、仏壇に関しては、お坊さんに出張していただき、魂抜きをしてもらいます。その後は、仏壇屋さんに引き取って貰いましょう。費用はどちらも1万円程度を考えればよろしいのではないでしょうか。

井戸に関しても同じように、神主さんにお祓いしていただいた方が良いでしょう。井戸のお祓いも5千円〜3万円程度を「御礼」や「寸志」と書いた上でお渡ししましょう。

また、樹木を伐採する時にもお祓いをするケースもあるようです。(特に大樹の場合)

解体工事/神仏の魂抜きお祓い(※お払い)について 解体工事/神仏の魂抜きお祓い(※お払い)について

←戻る次へ→