お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

HOME > こんなときどうする - 長屋の場合 -

こんなときどうする

3.長屋の場合

長屋の切り離しを含む建物の解体の場合、分離と補強のための補修が必要になります。まず、建築士に診断してもらいましょう。

必要な補修・強度補強をし、分離当時に建築士にしっかり判定をしてもらう事によって、今回の切り離しによって生じる不具合を回避する事ができます。

また、後々のトラブルを防ぐ為だけではなく、お隣にお住まいの方の生活も考慮し、工事に入る前には必ずお隣の方と話し合いをしましょう。

長屋の解体は建築士に診断してもらいましょう 長屋の解体は建築士に診断してもらいましょう

←戻る次へ→