お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(述べ床面積)/立地条件/残置物

HOME > こんなときどうする - 内装解体 -

こんなときどうする

1.内装解体

賃貸の店舗や事務所などのテナントをスケルトン渡しで返却する際、解体費用や保証金、返却期日などと考えなければならないことが多いと思います。

その際、オーナーさんやビルの管理会社の方々とは返却方法や現状復帰工事についての注意点などをしっかりと確認しましょう。なぜならビルなどの場合、他のテナントさんや管理会社の都合によって、工事をする時間など制限される部分や配線、配管等の問題が生じる可能性があるからです。

もちろん、解体業者さんに依頼する前には通常の建物解体と同様の手順でかまいませんが、現場調査などの際にはオーナーさんやビル管理会社の方々にも同席してもらい、細かい部分も業者さんに確認してもらった方がより正確なお見積りを出してもらえるでしょう。また実際の工事に入ってもでもトラブル(工事可能な時間帯やエレベーター等の使用など)の回避につながります。

内装解体は解体業者さんと細かく打ち合わせしましょう 内装解体は解体業者さんと細かく打ち合わせしましょう 内装解体は解体業者さんと細かく打ち合わせしましょう 内装解体は解体業者さんと細かく打ち合わせしましょう

次へ→